マウントゴックス事件について

MENU

 

マウントゴックス事件

2014年にビットコインの取引所の1つであるマウントゴックスがハッキングされて倒産してしまう事件が起きました。
マウントゴックス事件があったけどビットコインは安全なのか?

 

 

当時は渋谷に拠点をおいていた世界最大級のビットコイン取引所でした。
マウントゴックス事件があったけどビットコインは安全なのか?

 

このマウントゴックスが、ハッキングされてしまい、850000BTC(=当時の価格で45億ドル)が盗まれてしまったのです。

 

この事件が、日本のビットコインのマイナスイメージを強烈に植え付けてしまいました。

 

 

ビットコインの仕組みは絶対に改ざん出来ない

日本ではマイナスなイメージを植え付けられてしまったビットコインですが、ビットコイン自体は取引を、ブロックチェーンという技術を使って暗号化してやりとりしています。
絶対に改ざん出来ない仕組みを入れています。

 

それが、ブロックチェーンとP2Pの技術です。

  • ブロックチェーン
  • ピア・ツー・ピア

 

ブロックチェーンは、ビットコインの取引がブロックごとに承認されて、始めの取引から順番に鎖のように全て1本でつながっているのです。
すべて暗号化されていて、後からの変更は不可能になっています。

 

ブロックチェーン

 

また、銀行のような中央集権体制ではなく、同じ取引データが世界各地のコンピューターに無数に分散されている仕組み(ピア・ツー・ピア)を取り入れています。

 

ピア・ツー・ピア

 

したがって、改ざんしようにも不可能に近いのです。

 

 

なぜハッキングされたの?

なぜハッキングされる事態になったかというと、システムそのものを改ざんされたのではなく、取引所がハッキングされてしまったのです。

 

したがって、日本ではビットコインやばいって大ニュースになっていましたが、海外では冷ややかでした。
取引所の1つが潰れた程度にしか報道されていないのです。

 

 

マウントゴックス取引所のシステムが脆弱だった

ハッキングされた最大の要因は、色々な検証の結果、マウントゴックスのシステムが極めて脆弱であったと言われています。
システム上の不具合が存在していて、その不具合をついたハッカーが、ビットコインの送金・受取りのたびに抜いていたというのです。

 

 

マウントゴックスの社長が使った

ありえない話なのですが、社長が私的に使ったのではないかという話も上がっています。
マウントゴックス事件があったけどビットコインは安全なのか?

 

今のビットコイン取引所は安全なのか?

日本では大変な事件として取り扱われましたが、実は海外ではほとんど問題視されていません。
取引所の1つが、自社の欠陥で潰れたという程度なのです。

 

 

マウントゴックス事件は、まだビットコインの黎明期に、社内システムの不備が原因で起きました。

 

 

今現在はどうなっているかというと、マウントゴックス事件を教訓に、非常に強固なセキュリティになっています。

 

ビットコイン セキュリティ

 

 

そして、今の仕組みは、取引所のビットコインは、オンライン上に全て置かずに、一部だけを置くようにしているそうです。銀行のような感じですね。
万が一ハッキングがあったとしても、被害は最小限に留める形になっているというわけです。

 

関連ページ

ビットコインの安全性、改ざん出来ない仕組みとは?
ビットコインは安全なのか?。危険性はないのか?。改ざんは出来ない仕組みがあるというが、マウントゴックスが倒産した事件があるじゃないか。
ビットコインで使っているブロックチェーンの仕組みとは?
ブロックチェーンの仕組みについて解説しました。