ブロックチェーンの仕組み

MENU

ビットコインでは、取引データを暗号化してブロックとして扱います。

 

 

ビットコイン全体で1本の帯状にブロックがつながっており、新しく取引したブロックは後ろに繋がります。
ブロックチェーン

 

このブロックは、ビットコイン最初の取引から、延々と続いていて、あたかも鎖のように見えることからブロックチェーンと呼ばれています。

 

 

1本でつながっているところが味噌で、不正をしようにも直近の取引情報だけを改ざんしたとしても、辻褄が合わなくなるのです。

 

 

ブロック内の情報

ビットコインのブロックには、どんな情報が入っているかというと以下のような情報が詰まっています。

 

  • 送金リクエスト
  • 過去の取引情報
  • ナンス(データが正しいかどうか判断する鍵)

 

 

セキュリティは大丈夫なのか?

ビットコインで使っているブロックチェーンの仕組みとは?

 

一番心配なのはこれですよね。安全ではないものに手を出したくはありませんからね。

 

 

P2Pの仕組みで不正が不可能に

銀行などと違って、ビットコインは、データを一元管理していません。

 

 

ピア・ツー・ピア(P2P)という仕組みをとっています。全てのパソコンに同じデータが分散保存しているのです。

 

ブロックチェーン

 

 

仮に不正しようにも、すべての取引データを改ざんすることは不可能に近いのです。

 

関連ページ

ビットコインの安全性、改ざん出来ない仕組みとは?
ビットコインは安全なのか?。危険性はないのか?。改ざんは出来ない仕組みがあるというが、マウントゴックスが倒産した事件があるじゃないか。
マウントゴックス事件があったけどビットコインは安全なのか?
マウントゴックス事件について