ビットコインの安全性

MENU

新しいものが出てくると一番心配なのは安全性です。
安全がないと、新しいものに手を出しづらい方もいると思います。

 

ビットコインの取引はすべて公開されている

 

ビットコンの取引はトランザクションと呼ばれて、暗号化されたデータが全てオープンになっています。
トランザクションは以下のサイトで見ることができます。

 

http://blockhain.info/

 

このトランザクションが承認されれば、そとの取引は成立という事になります。
驚きですよね。

 

 

こんなにオープンになっているのに安全なのか?。
疑問に思いますよね。

 

 

取引は改ざん出来ない

ビットコインのトランザクションは、改ざんができないように、大きく2つの仕組みを取り入れています。

 

ブロックチェーンの仕組み

ビットコインは取引を、ブロックチェーンという技術を使っています。

 

ビットコインの安全性、改ざん出来ない仕組みとは?

 

ビットコインの取引がブロックごとに承認されて、始めの取引から順番に鎖のように全て1本でつながっているのです。

 

すべて暗号化されているので、後からの変更は不可能になっています。

 

 

ピア・ツー・ピアの仕組み

ビットコインは、銀行とは違って取引は1つのメインサーバーで管理されていません。

 

ピア・ツー・ピアという仕組みを使って、分散して共有しています。

 

ビットコインの安全性、改ざん出来ない仕組みとは?

 

銀行のような中央集権体制ではなく、膨大な数のコンピューターに分散されています。

 

 

たとえ1つ改ざんしたとしても、改ざんしても、全く同じデータを分散して管理されているので他とデータの辻褄が合いません。このような取引は承認されることは絶対にないですし、すぐに見つかるのです。すべてのコンピューターの取引データを改ざんすることは不可能なのです。

 

 

誰が取引を承認するのか

 

ビットコインの取引を承認してくれるのが、マイナー(採掘者)と呼ばれる方々です。
個人の方から、企業単位でやっている方までいますが、どれもスーパーコンピューター並みのパソコンを使って、10分に1度、取引を承認してくれます。

 

 

取引ごとに、大変な数式を解く必要があるのですが、これを一番先に解いた人には報酬が出る仕組みになっています。12.5BTC(約200万円)ももらえるのです。この報酬のため、マイナーたちが日夜、世界中の取引を承認し続けてくれています。

 

 

ちなみに、採掘者になるのは誰でもなれますが、今では個人では参入不可能なまでにハードルが上がっています。

 

 

 

関連ページ

ビットコインで使っているブロックチェーンの仕組みとは?
ブロックチェーンの仕組みについて解説しました。
マウントゴックス事件があったけどビットコインは安全なのか?
マウントゴックス事件について