ビットコインって何?買い方や仕組みを解説

MENU

ビットコインは普通のお金と同じようにやりとりできる仮想通貨です。
通貨なので、レートも存在しています。

 

 

仮想通貨は、ビットコインの他には、イーサリアム、ライトコイン、DASH、Dogecoinなど、色々存在しています。なかでも、最も人気なのがビットコインです。

 

 

当サイトでは、初心者向けにビットコインを解説し、管理人がビットコインを始めて、それを使って投資に至った経緯や方法をまとめようと思います。

 

ビットコインとは?

ビットコイン投資入門

 

ビットコインは、仮想通貨なので、現実には写真のようなコイン自体はありません。インターネット上で取引できる電子通貨です。

 

 

ビットコインがなぜ、ニュースなどに度々取り上げられているかというと、レートが存在しているのです。

 

 

レートがあるので、乱高下がありますが、1ビットコイン2009/10/05 終値 \0.07だったのが、2017/5/8 \210,551にもなっています。

 

 

1ビットコインのレートです。
凄まじいほど高くなっています。

 

ビットコインはどこで買える?

ビットコインがニュースにもたびたび登場し、認知度も広まってくると、どこで購入すればよいのか問い合わせが殺到しているそうです。

 

証券会社に(笑)

 

 

証券会社ではビットコインは購入できません。ビットコイン取引所から購入することが出来ます。

 

 

国内で購入できるビットコイン取引所は、以下が人気です。

 

日本で人気のビットコイン取引所

  • ビットフライヤー
  • コインチェック

 

私、管理人やのっちは、コインチェックを使っています。ビットフライヤーの方が大手ですが、他の仮想通貨の取扱数がコインチェックの方が多いのでこちらを選んで使っています。

 

 

ビットコイン取引所でビットコインを購入するには、証券会社で買うのと同じように、登録しないといけません。

 

 

しかし、資料請求などは一切無く、窓口もありません。
インターネットからのみ登録申請できません。

 

 

この壁が結構高くて、挫折しそうだったので、記事にまとめてみました。ご参考ください。

 

コインチェックの登録方法

 

 

ビットコイン取引所で出来ること

ビットコインは、以下の6つの事が出来ます。

 

  • 入金する
  • 出金する
  • コインを購入する
  • コインを売却する
  • コインを送る
  • コインを受け取る

 

入金する

ビットコイン取引所で入金しておくと、その範囲でコインを購入することができます。
入金方法は、取引所によって異なりますが、銀行振込やコンビニでも入金出来るところがあります。

 

出金する

登録した銀行口座に出金します。

 

コインを購入する

ビットコインの単位はBTCと表示されます。

 

1BTCの価格は、購入時のレートになります。外貨を購入するのと似ています。
2017/5月段階では、1BTC=20万円もしますが、安心してください。少数点から購入できます。

 

0.1BTC=20000円
0.001BTC=2000円

 

という感じです。
とても、少額から購入できるので安心です。

 

コインを売却する

ビットコインを売却するときは、その時のレートになります。
現金化したいと思ったら、その後、出金可能です。

 

コインを送る

ここからが、今までの外貨購入、売却とは違う点です。

 

送り先のビットコインアドレスに対して、指定のBTCを送る事が出来ます。

 

このアドレスは27〜34桁もの非常に長い文字列でランダムな文字です。とても覚えれるものではありません。支払いでビットコイン対応になっているところは、このアドレスをQRコード化したところが多く、QRコードを読み込めば送金できるという仕組みになっています。

 

コインを受け取る

誰かが送ってくれたビットコンを受け取ることが出来ます。

 

例えば、海外に留学している子供に送金する際は手数料もかかるし、日数もかかります。
ビットコインのこの機能を使えば、一瞬で送ることができます。しかも手数料もほぼかかりません。

 

 

ビットレートは暴落しないのか?

レートがあると、心配なのは暴落です。これだけバブル状態になっているのだから、心配な方はいると思います。

 

ビットコインは発行上限枚数が決まっている

 

ビットコインは、一般的な通貨と違ってある規制があります。発行枚数に上限があるのです。

 

金やダイヤモンドは、地球上に存在している量が決まっています。
それと同じように、ビットコインも2100万枚までと上限が決まっているのです。

 

上限が決まっているので、希少性が出てくるのです。

ビットコインは危険ではないのか?

ビットコインは仮想通貨と呼ばれていますが、同時に、その仕組みから暗号通貨とも呼ばれています。

 

ビットコインの取引には、公開鍵と暗号鍵を使った、ブロックチェーンという仕組みが使われています。
取引き、それぞれが暗号化されているのです。

 

この仕組みによって、利用者は安心して使うことが出来るのです。

新着の記事

ブロックチェーン
2017/06/01 18:23:01 | ビットコインの仕組み
この記事の目次マウントゴックス事件ビットコインの仕組みは絶対に改ざん出来ないなぜハッキングされたの?マウントゴックス取引所のシステムが脆弱だったマウントゴックスの社長が使った今のビットコイン取引所は安全なのか?マウントゴックス事件2014年にビットコインの取引所の1つであるマウントゴックスがハッキングされて倒産してしまう事件が起きました。当時は渋谷に拠点をおいていた世界最大級のビットコイン取引所でした。このマウントゴックスが、ハッキングされてしまい、850000BTC(=当時の価格で45億ドル)が盗まれてしまったのです。この事件が、日本のビットコインのマイナスイメージを強烈に植え付けてしまいま...
ビットコイン
2017/06/01 18:09:01 | ビットコインの仕組み
ビットコインでは、取引データを暗号化してブロックとして扱います。ビットコイン全体で1本の帯状にブロックがつながっており、新しく取引したブロックは後ろに繋がります。このブロックは、ビットコイン最初の取引から、延々と続いていて、あたかも鎖のように見えることからブロックチェーンと呼ばれています。1本でつながっているところが味噌で、不正をしようにも直近の取引情報だけを改ざんしたとしても、辻褄が合わなくなるのです。ブロック内の情報ビットコインのブロックには、どんな情報が入っているかというと以下のような情報が詰まっています。送金リクエスト過去の取引情報ナンス(データが正しいかどうか判断する鍵)セキュリティ...
ビットコイン
2017/06/01 17:53:01 |
ビットコイン取引所で出来ること6つビットコイン取引所では、以下の事が出来ます。入金する出金するコインを購入するコインを売却するコインを送るコインを受け取る入金するビットコイン取引所で入金しておくと、その範囲でコインを購入することができます。入金方法は、取引所によって異なりますが、銀行振込やコンビニでも入金出来るところがあります。出金する登録した銀行口座に出金します。コインを購入するビットコインの単位はBTCと表示されます。1BTCの価格は、購入時のレートになります。外貨を購入するのと似ています。2017/5月段階では、1BTC=20万円もしますが、安心してください。少数点から購入できます。0....
2017/05/11 20:51:11 | ビットコインの仕組み
新しいものが出てくると一番心配なのは安全性です。安全がないと、新しいものに手を出しづらい方もいると思います。ビットコインの取引はすべて公開されているビットコンの取引はトランザクションと呼ばれて、暗号化されたデータが全てオープンになっています。トランザクションは以下のサイトで見ることができます。http://blockhain.info/このトランザクションが承認されれば、そとの取引は成立という事になります。驚きですよね。こんなにオープンになっているのに安全なのか?。疑問に思いますよね。取引は改ざん出来ないビットコインのトランザクションは、改ざんができないように、大きく2つの仕組みを取り入れてい...
2017/05/09 21:53:09 | コインチェックの評判
登録について解説目次登録について解説 トップページから新規登録を選択 コインチェックのアカウントの種類はどれを選べばよい? アカウント作成 メールに確認メールが届きます本人確認を実施 本人確認の設定方法トップページから新規登録を選択コインチェックのトップページを開いて頂き画面右上の新規登録を選びます。コインチェックのアカウントの種類はどれを選べばよい?アカウントの種類が3つありますが、ここでは「取引アカウント」を選びます。